Difference between revisions of "Raider (TOS)/jp:レイダー(オリジナル・シリーズ)"

From Battlestar Wiki, the free, open content Battlestar Galactica encyclopedia and episode guide
m
m (Text replacement - " widths=1000 heights=500" to "")
 
(12 intermediate revisions by 2 users not shown)
Line 1: Line 1:
:''この記事は[[Battlestar Galactica (TOS)/jp:宇宙空母ギャラクティカ (オリジナル・シリーズ)|オリジナル・シリーズ]]のレイダーに関するものです。他のシリーズのレイダーについては[[Cylon Raider|サイロン・レイダー]]を参照のこと。''
+
{{disline|この記事は[[Battlestar Galactica (TOS)/jp:宇宙空母ギャラクティカ (オリジナル・シリーズ)|オリジナル・シリーズ]]のレイダーに関するものです。他のシリーズのレイダーについては[[Cylon Raider|サイロン・レイダー]]を参照のこと。}}
 +
 
 
{{Ship_Data_(jp)
 
{{Ship_Data_(jp)
 
| image= Bsg-raider-P.jpg
 
| image= Bsg-raider-P.jpg
Line 13: Line 14:
 
-->
 
-->
 
}}
 
}}
'''レイダー'''は[[Cylons (TOS)|サイロン]]の主力戦闘攻撃機(3座)である。3体の[[Centurion (TOS)|センチュリオン]]により通常運用され、横2列の前席に2体のパイロット、前席よりも高い位置に設けられた後席に1体の指揮官(機長)がそれぞれ搭乗する([[The Hand of God (TOS)|The Hand of God]])
+
'''レイダー'''は[[Cylons (TOS)|サイロン]]の主力戦闘攻撃機(3座)である。3体の[[Centurion (TOS)|センチュリオン]]により通常運用され、横2列の前席に2体のパイロット、前席よりも高い位置に設けられた後席に1体の指揮官(機長)がそれぞれ搭乗する{{OS|The Hand of God}}
  
2機のレーザー・キャノン砲を備え、翼内の爆弾倉及び翼下に取り付けたラックに爆弾を搭載できる([[Lost Planet of the Gods, Part II]])。2機の準光速エンジンを搭載し、宇宙空間及び大気圏内ともに飛行可能である([[The Long Patrol]])
+
2機のレーザー・キャノン砲を備え、翼内の爆弾倉及び翼下に取り付けたラックに爆弾を搭載できる{{OS|Lost Planet of the Gods, Part II}}。2機の準光速エンジンを搭載し、宇宙空間及び大気圏内ともに飛行可能である{{OS|The Long Patrol}}
  
長距離作戦においては、燃料補給用の[[Cylon freighter (TOS)|タンカー]]を伴うことが知られている。これによって[[Basestar (TOS)/jp:ベーススター(オリジナル・シリーズ)|ベーススター]]の助けなしで長距離の準光速飛行が可能となる。このような戦術は奇襲任務では普通に用いられ、レイダーの大部隊に発見されることなく敵の防衛線を突破させることに成功している([[Saga of a Star World]])。敵に発見されやすいベーススターを伴っては不可能な戦術である。
+
長距離作戦においては、燃料補給用の[[Cylon freighter (TOS)|タンカー]]を伴うことが知られている。これによって[[Basestar (TOS)/jp:ベーススター(オリジナル・シリーズ)|ベーススター]]の助けなしで長距離の準光速飛行が可能となる。このような戦術は奇襲任務では普通に用いられ、レイダーの大部隊に発見されることなく敵の防衛線を突破させることに成功している{{OS|Saga of a Star World}}。敵に発見されやすいベーススターを伴っては不可能な戦術である。
  
搭乗員数の多さや潜在的な火力の大きさにも関わらず、レイダーはしばしば[[Viper (TOS)|バイパー]]に圧倒される。これはバイパーの高い機動性やパイロットである[[Warrior|コロニアル・ウォーリアー]]の技量に負う所が大きいだろう。アポロは、バイパー1機に対してレイダー10機までならば負けない自信を持っているようで、実際にそれを口にもしている([[Saga of a Star World]])
+
搭乗員数の多さや潜在的な火力の大きさにも関わらず、レイダーはしばしば[[Viper (TOS)|バイパー]]に圧倒される。これはバイパーの高い機動性やパイロットである[[Warrior|コロニアル・ウォーリアー]]の技量に負う所が大きいだろう。アポロは、バイパー1機に対してレイダー10機までならば負けない自信を持っているようで、実際にそれを口にもしている{{OS|Saga of a Star World}}
  
 
== Dimensions ==
 
== Dimensions ==
Line 25: Line 26:
  
 
== Notes ==
 
== Notes ==
* Cylon ships of the identical appearance were used during the [[Cylon War]] in the [[Re-imagined Series]] ([[Razor]]).
+
* Cylon ships of the identical appearance were used during the [[Cylon War]] in the [[Re-imagined Series]] {{TRS|Razor}}.
 
* In ''Galactica 1980'', these Raiders are still in use 30 years since the [[Battle of Cimtar|Fall of the Twelve Colonies]]. However, they are slowly being phased out by an [[A-B Raider|advanced Raider]] with increased firepower and other advanced technologies ("[[The Super Scouts, Part I]]", "[[The Night the Cylons Landed, Part I]]").
 
* In ''Galactica 1980'', these Raiders are still in use 30 years since the [[Battle of Cimtar|Fall of the Twelve Colonies]]. However, they are slowly being phased out by an [[A-B Raider|advanced Raider]] with increased firepower and other advanced technologies ("[[The Super Scouts, Part I]]", "[[The Night the Cylons Landed, Part I]]").
 
* The [[Galactica 1980 4|fourth issue of the re-imagined ''Galactica 1980'']] comic book series identifies the mainstay Cylon Raider as an "alpha class." As this is a [[BW:SEPCON|separate continuity]] source, this is not considered [[canon]] to either the Original Series or its spin-off.
 
* The [[Galactica 1980 4|fourth issue of the re-imagined ''Galactica 1980'']] comic book series identifies the mainstay Cylon Raider as an "alpha class." As this is a [[BW:SEPCON|separate continuity]] source, this is not considered [[canon]] to either the Original Series or its spin-off.
  
 
== Related Images ==
 
== Related Images ==
<gallery>
+
<gallery mode="slideshow">
Image:Raidercrew.jpg|A typical Raider crew ([[Saga of a Star World]]).
+
Image:Raidercrew.jpg|A typical Raider crew {{OS|Saga of a Star World}}.
Image:RaiderSchematics.jpg|A Raider schematic displayed by a scanner on ''Galactica'' ([[Saga of a Star World]]).
+
Image:RaiderSchematics.jpg|A Raider schematic displayed by a scanner on ''Galactica'' {{OS|Saga of a Star World}}.
Image:Raider pilot helm.jpg|The helm console of a Raider ([[Baltar's Escape]]).
+
Image:Raider pilot helm.jpg|The helm console of a Raider {{OS|Baltar's Escape}}.
 
Image:Raider underside.jpg|The underside of a Raider ([[The Return of Starbuck]]).
 
Image:Raider underside.jpg|The underside of a Raider ([[The Return of Starbuck]]).
 
Image:Original Cylon Raider.jpg|Original Raider as seen in the Re-imagined Series.
 
Image:Original Cylon Raider.jpg|Original Raider as seen in the Re-imagined Series.
Line 39: Line 40:
  
 
==References==
 
==References==
<div style="font-size:85%"><references/></div>
+
{{reflist}}
  
 
[[Category:A to Z]]
 
[[Category:A to Z]]
Line 52: Line 53:
 
[[Category:TOS]]
 
[[Category:TOS]]
  
{{TOS}}
+
 
  
 
[[de:Zylonischer Jäger (TOS)]]
 
[[de:Zylonischer Jäger (TOS)]]

Latest revision as of 13:01, 17 January 2021

この記事はオリジナル・シリーズのレイダーに関するものです。他のシリーズのレイダーについてはサイロン・レイダーを参照のこと。


サイロン・レイダー
サイロン・レイダー
所属 サイロン
船種 軍用
FTL航行能力 不可
推進方法
搭乗員数 3 サイロン・センチュリオン
総搭載可能人数
船長/艦長名 {{{co}}}
副長名 {{{xo}}}
用途・目的 戦闘攻撃機
兵装 レーザー
ミサイル
武器リスト {{{arm}}}
状態 {{{status}}}
関連イメージ イメージ
寸法
船体/機体長さ {{{length}}}
船体/機体幅 {{{width}}}
船体/機体高さ {{{height}}}
重量 {{{weight}}}
翼端長または全幅 {{{wingspan}}}
その他 {{{otherdi}}}


レイダーサイロンの主力戦闘攻撃機(3座)である。3体のセンチュリオンにより通常運用され、横2列の前席に2体のパイロット、前席よりも高い位置に設けられた後席に1体の指揮官(機長)がそれぞれ搭乗する(TOS: "The Hand of God")。

2機のレーザー・キャノン砲を備え、翼内の爆弾倉及び翼下に取り付けたラックに爆弾を搭載できる(TOS: "Lost Planet of the Gods, Part II")。2機の準光速エンジンを搭載し、宇宙空間及び大気圏内ともに飛行可能である(TOS: "The Long Patrol")。

長距離作戦においては、燃料補給用のタンカーを伴うことが知られている。これによってベーススターの助けなしで長距離の準光速飛行が可能となる。このような戦術は奇襲任務では普通に用いられ、レイダーの大部隊に発見されることなく敵の防衛線を突破させることに成功している(TOS: "Saga of a Star World")。敵に発見されやすいベーススターを伴っては不可能な戦術である。

搭乗員数の多さや潜在的な火力の大きさにも関わらず、レイダーはしばしばバイパーに圧倒される。これはバイパーの高い機動性やパイロットであるコロニアル・ウォーリアーの技量に負う所が大きいだろう。アポロは、バイパー1機に対してレイダー10機までならば負けない自信を持っているようで、実際にそれを口にもしている(TOS: "Saga of a Star World")。

Dimensions

The interior of the full scale Cylon Raider cockpit set measures 9' x 10' x 7'1.5" while the maximum width of the 4' 1.5" high "windshield" is 8'1" [1]. The shape and dimensions of the windshield are in fairly good agreement with those of the SFX miniature; the full scale vehicle would be about 41 feet (12.5 meters) long and 50.5 feet (15.4 meters) wide.

Notes

Related Images

References

  1. (1978) "Interior Cylon Fighter Cockpit, from The Official Battlestar Galactica Blueprints (ISBN 0-448-16296-2)". Starlog.